3月17日(金) 一雨ごとに春が近づきます。連休のお知らせ。

同じ雨でも、この時期の雨は、水滴にも春がとけているようで、

街路樹も喜んでいるように見えます。

店では、千葉の千倉で花摘みに行った友人からカラフルなストックと

キンセンカが届いたので早速、飾りましたら、店前がすっかり華やぎました。

三浦は新ワカメの最盛期で浜に干したワカメの磯の香りで春が来たことを知ります。

如何にも体に良さそうなワカメの茎は、神港でも召し上がって頂けますよ。

そして、春は、貝がおいしくなります。

身がしっかり入ったアサリは、本当にお酒の肴に最高ですね。

大山の特別純米酒で如何でしょう。体の中から、冬モードから、春に変えて下さいね。

[連休のお知らせ]
18日(土)ランチのみ営業
19日(日),20日(月、祝)お休みします。どうぞよろしくお願い致します。

3月3日(金)春の陽射しになってきました。

今日は、桃の節句、雛祭りです。立春を過ぎて暫くして神港でも、

入り口脇のショーケースの上に、立ち雛を出しました。

可愛い花を飾るとすっかり店内は柔らかい春の香りにつつまれます。

お客様も気がつかれると、立ち止まってしばしご覧になります。

さて、童謡の「雛祭り」の歌詞に、少し白酒召されたか、赤いお顔の右大臣、とありますが、

今、健康に良いとされている甘酒とは同じではありません。

白酒は酒屋さんで売っているアルコール9度くらいあるリキュールの一種で、

甘酒は、一夜酒と云われる米と麹の甘い飲み物でアルコール度は殆どないと思います。

店では、宗玄さんや、鶴岡の大山の酒粕を水で溶いた中に、お砂糖を加えた甘酒をお造りします。

これは、アルコールが含まれますから、ちょっと良い気持ちになります。

桃の花びら一片をお酒に浮かべて飲んだらステキな雛の夜になりますね。

老若男女関係なく、雛祭りを楽しみましょう。

今度の、日曜日は、三浦国際市民マラソンです。

残念ながら、河津桜は、すっかり葉桜になってしまいましたが、

今年も、お客様が、エントリーしているので、

私も春の海風の中、走るランナーの応援に行きたいと思っています。

行って来ました。鶴岡の大山新酒蔵祭り

2/11の朝6:55羽田発、おいしい庄内空港へ。

心配された風雪も影響なく定刻に到着。

今年22回目を迎えるこのイベントへの参加は、今回で4回目ですが、

チケット予約は直ぐ完売の人気で年々訪れる観光客が増えています。

鶴岡市大山地区の酒造りは450年前の戦国時代からで、

江戸時代からは幕府の天領だったので、一時は40軒以上も造り酒屋があったようですが、

今は4軒だけです。

その中の加藤嘉八郎商店から、神港では(大山、十水トミズ)など、

お馴染みのおいしいお酒を頂いている関係もあり、行く度に楽しみなのです。

私は下戸なのに何で行くの?と言われてしまいますが、

酒蔵で頂く甘酒や酒饅頭がとても美味しいのですよ。

雪の降る中、長い行列で待っているとき、

手にした小さなお猪口に大きなヤカンから燗酒が振る舞われます。

私もチョッピリ。3軒をまわり、その日だけの限定酒を買って来ました。

加藤嘉八郎商店から、絞り立てで無濾過生原酒の、槽前酒(ふなまえざけ)を買ってきました。

作業場で、瓶詰めしたのにその場でラベルを貼っていました。

アルコール度が普通よりかなり、高く殺菌していないのでフレッシュな感じのようです。

これも、皆は試飲していて、飲み口が良いのでつい飲み過ぎてしまうので、

「和らぎ水」を飲みながらどうぞ、と仕込み水も置いてありました。

栄光富士では、瓶詰めを自分でしてそれを買って帰れる企画があり、

口1杯までお酒を入れてくれて大喜びしました。

夜は、勿論、鱈のどんがら汁と源泉掛け流しの温泉です。

次回は皆様もご一緒に如何ですか?

【26日(日) 東京マラソンはランチ(ランランランチ)の営業を致します。】

いつものメニューのウキウキランチ(1300円)のみですが、

その日は特別、味噌汁が野菜タップリマグロ汁になります。

ぜひお越し下さいね。 尚、マラソンルートの関係で店前の清洲橋通りは渡れないので、

少し迂回します。どうぞよろしく。

2月10日 春は、名のみの風の寒さよ…。

立春が過ぎ、早朝は指先がジンジンする寒さですが、

三浦海岸の駅前の河津桜は早くも満開で、さながらピンクの雲がかかったようです。

さて、夜のお客様には、立春初絞りの新酒と手作りの鰯の目刺しや新ワカメ等で、

早春をお楽しみ頂いています。

このお酒は奥多摩の澤ノ井酒造さんの物で、ここの蔵元さんはこの立春初絞りのように、

季節でお酒を出していて、2月には、春の雪、3月はピンクの瓶に入った花見新酒などがあり、

名前も素敵です。

本当に雪見酒、花見酒、月見酒と楽しみが多く、

その都度、その季節の特別な食材でお客様の笑顔を思いながら肴をご用意するのも私の喜びです。

さて、今週の土日は、皆さんにおなじみの、

山形鶴岡の加藤嘉八郎商店の「大山」がある大山地区の酒蔵4つが開催する

大山新酒蔵祭りに行ってきます。

過去何回か行っていますが、年々参加者が増え3000人以上が蔵元さん前に並びますが、

吹雪いているときなど、かなり辛いのです。

そんな時は大きなヤカンにお燗したお酒が手にしたお猪口に注がれて、

会場に入る前から上機嫌です。

私は下戸なのにこの雰囲気がたまらなく好きで行ってしまいます。

(各酒蔵さんに甘酒もあるので)お土産、何にしようかしら。お楽しみね。

2月2日(木) 寒さの底を過ぎると節分そして立春。

コートが、いらないくらい暖かい日があるかと思えば、寒風に震える日も。

でも確実に春に近づいていますね。

さて、何時も三崎の地蛸を届けてくれる蛸漁師さん。

今回は2キロに近い立派なのを持ってきてくれましたが、

仕掛けに「ハオコシ」が入っていて刺された、と。

ハオコシは漁師言葉でオコゼの事。蛸が大好物のウツボにも注意が必要です。

蛸は、伊勢海老が好きなのですが、伊勢海老は、ウツボのそばにいて身を守ることもあります。

いずれにしても大変そうです。

さて、前回、ハバノリの事を書きましたが、いよいよメカブの付いた新ワカメが入りました。

新春のお楽しみで、褐色のワカメは、熱湯を掛けると鮮やかな緑になり、

それをポン酢で頂きますと、口一杯に磯の香りが広がります。

もう1つ、節分には付きものの、鰯を小さいのは目刺しに中羽鰯は丸干しにと漁師さんに、お願いしてあります。

日本の時候に合わせた食事は素晴らしいですね。

もちろん、立春には、立春絞りの新酒もご用意してお待ちしておりますよ。

IMG_20170129_100606

1月11日(水) 今日は、御鏡開き。

お正月気分も抜けて、仕事も本格的に始動。夜はお楽しみ新年会でしょうか。

昔から、女性は、暮れ、お正月と忙しく、やっと15日の小正月で、ホッとしますが、

その前の10日に神様にお供えした鏡餅を割って、お汁粉や善哉にして頂きます。

店では、七草の時は、お粥でなく、お味噌汁の具にして召し上がって頂きました。

今日の夜は、ご希望のお客様にお汁粉をご馳走しますね。

さて、初荷の後、荒天の連休が続き、市場の魚の品目も少なく、高値でしたが、

やっと鯖や鰤、鰯、タラ、カワハギ、そして今が美味しいヒラメなどがそろってきました。

神港では、寒い冬の夜に身も心も温かくなるお料理でおまちしていますね。

そうそう、今しかない、ハバノリご用意しましたよ。

(添付の写真は三浦海岸のどんど焼きです。)

尚、19日(木)の夜はお休みになりますのでよろしくお願い致します。

img_20170107_062138

1月1日(日) 新年明けまして、おめでとうございます。

旧年中は、大変ご贔屓に預かり有難うございました。

本年も相変わりませずどうぞよろしくお願いいたします。
年始の営業は、5日からとなります。7日(土)は、ランチのみの営業になります。

営業が始まったばかりですが、8日(日)9日《祝日)は、

連休になりますのでよろしくお願いいたします。

今年も、お客様が笑顔になって頂けるようなお料理をご用意して、お待ちしておりますので、

是非お顔を見せて下さいね。

img_20170101_070238

12月26日(月) 本年も大変ご贔屓にあずかり、ありがとうございました。営業は、28日(水)夜までです。

クリスマスが過ぎると、辺りの空気が一変して、

新年に向けてラストスパートをかけているように感じます。

何せ、元旦まで1週間を切っているのですから、無理ありませんね。

さて、神港では今年も、たくさんのお客様がおいで下さり、

無事にここまで来ることが出来ました。本当にありがとうございました。

三浦三崎で、15年、こちらに来てもうすぐ5年。

三崎の時に頂いたご縁で、山形の鶴岡に今年は、3回もお訪ねしました。

そこの、大山の加藤嘉八郎商店、寒河江の千代寿虎屋さんの美味しいお酒との出会い。

そして庄内の季節の恵み。

今では、神港カラーの大切な要素です。

もちろん、日頃お世話になっている漁師さん達には、感謝にたえません。

そして、ランチの時の少ない大切な時間を神港に足を運んで下さるお近くの会社のお客様や、

ご近所の方々。

そして、今年、ご縁を頂いたたくさんの皆様のお陰で、

私達も、心豊かな日々を送る事が出来ました。

それなのに、至らない点も多々あり、ご迷惑や、不愉快なところもあったとは思いますが、

これからも皆様の笑顔を糧に仕事をしていこうと、思っておりますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

来る年が穏やかで、健やかな年となりますように。

img_20161226_153141

12月21日(水) 今年も後10日あまり。まずはクリスマス。

今週末は、23日が祝日なので、3連休という方も多いのではないでしょうか。

神港は、23,24日はランチのみの営業になります。

店先や店内にちょっぴりクリスマス飾りをしますが、

日本では26日には、あっと言う間に片付けて、お正月に向けての準備です。

昨日は、浅草の観音様の歳の市に行って、

来年の干支、酉歳(しかも60年に1度の丁酉ひのととり)と書かれた

有卦干支羽子板と縁起の良い小判、恵比寿大黒天御影を頂いてきました。

この納めの観音が終わると本当に年の瀬を感じます。

スーパーには、早くもおせち用の食材や加工品が並び、

市場や魚屋の、店先も一般の鮮魚が少なくなってきます。

こんなとき、神港では有難いことに、漁師さんや釣り師さん、タコ漁師さんらが、

ぎりぎりまで海に出てくれて新鮮な魚を届けてくれます。

お燗にすると美味しい燗酒もご用意していますので、

自分忘年会を神港で是非なさって下さいね。

img_20161220_085934

12月9日(金) 師走に入りました。今月の営業のお知らせ。

花屋さんの店先には、ポインセチアと、シクラメン。慌ただしい年の瀬です。

神港のある浜町の産土神は江戸鎮守の神田明神なので、

この時期は、法被を着た御使いが来年の御札を届けてくれるのですが、

不思議に緩んでいた気持ちも引き締まります。

神港も、お客様へ、この一年の感謝を込めて、

毎日身体に優しく元気の出るお料理を作ってお待ちしていますので、

是非いらして身も心も、温まって下さいね。

 

【12月のお知らせ】

16日(金)の夜は貸切になっています。

19日(月)の夜の営業はお休みです。

23日(祝金)24日(土)はランチのみの営業です。

よろしくお願いいたします。

201601101255

201601101255